眠る前に好きな音楽を聴くと効果倍増

これをしたらよく眠れるという儀式をあなた自身もつくりましょう。香りだけでなく好きな音楽を聴くことも『入眠儀式』として有名です。眠る前に同じことを行い続けると、脳はそれを覚え、『これをやったから、次は眠るのだ』と条件反射するようになります。

これが入眠儀式。ですから、最初はそれほど効果がなくても同じ儀式をしばらく続けること。リラックスできる、聞きなれた曲を選んで脳を安心させることもポイントです。

また、寝つきが悪くなる原因のひとつに、”過去や未来について思い悩む”ことがあります。夜、ベッドのなかで『なんであんな失敗をしたのか』などと考えて、つい脳を使いがち。

音楽にただ耳を傾けることは、思考することを止める働きもあります。

つまらない本を読めば落ちるように眠れる

学生時代の授業中や試験勉強中の激しい睡魔。誰にでも身に覚えがあるのではないでしょうか。なぜあれほど眠かったのか。

ほんの細かい字を見ると視神経が疲労してそれが脳に伝わり眠気を誘導する、あるいは単純作業を繰り返すと脳は眠くなるので、眼球が文字を追う行為が眠気を招くともいわれています。

寝つきが悪くて困っている人は、このメカニズムを利用してみてはいかがでしょうか?

哲学書などは難しくて退屈そうでも、読んでいるうちに生き方について考えてしまい、かえって眠れなくなる恐れもあるので、学生の頃好きでなかった教科書を取り寄せてみるのもよいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 恭子 より:

    しのぶさん💕私は、経血量を減らす為に低用量ピルのマーベロン21を処方してもらおうと思っているわよ😆❤💕😆😃✌低用量ピルを49才まで飲んでみようと思うのよ😆❤3日間で終わるそうなのよ🎵💕🎶低用量ピルを発明してくれた人に🙋🙋🙋🙋🙋🙋だわ🎵💕🎶何歳まであるのか不安😰になるわ🎵

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です