女性ホルモンの正体

女性ホルモンのことを もっと知りましょう!!

   これが女性ホルモンの正体    

女性ホルモンとは、2つのホルモンの総称

定期的な生理を経験し、男性と恋をして、妊娠、出産する、そんな女性のイベントは女性ホルモンの働きにより起こります。

女性特有の柔らかな肌やツヤのある髪、ハリのあるバストも女性ホルモンからのプレゼントです。

女性ホルモンとは卵巣から分泌されるエストロゲン『卵胞ホルモン』とプロゲステロン『黄体ホルモン』の2つを指した総称です。この2つのホルモンが交代に分泌されることで生理が起こります。

2つのホルモンは役割も体に与える影響も違います。

 エストロゲン 

エストロゲンは妊娠するチャンスを作るために分泌されます。

妊娠するには男性が必要ですから、彼らを引き付けるように女性としての魅力を増すのです。

エストロゲンの分泌が多い時期は肌や髪のトラブルも少なく体調も安定しています。こころもおだやかで心身共にすっきりとはつらつとした毎日を送ることができるのです。

女性ホルモン

  プロゲステロン  

プロゲステロンは妊娠を継続するためのホルモンです。

妊娠したかどうかに関係なく、常に妊娠したと想定して働きます。そのため、プロゲステロンが分泌されると、妊娠中に起こるような不安感やイライラ、頭痛といった不調が起こることがあります。

けれど、妊娠していないことに気付くと、受精卵のベッドである子宮内膜がはがれ、生理として外に排出されます。生理の後は再びエストロゲンが分泌され、妊娠の機会を待つのです。

女性ホルモンのバランスが健康を保つ秘訣!!

私たちは自分の意志に関係なく、この2つのホルモンの影響を受けて暮らしています。

出産する予定がないからエストロゲンだけを分泌したいと思っても不可能です。むしろ、2つのバランスが崩れると生理不順、頭痛、めまい、心の不調が起こってしまいます。

定期的に分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの2つと上手に付き合うことこそ、女性が健康に過ごすためのカギなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 恭子 より:

    しのぶさん💕47才の私でも低用量ピルを閉経近くまで飲み続けてもOKなのねぇ💕🎶重要なeventとがあると生理と重ならないとか心配になるじゃない❔❗低用量ピルを飲んで生理を飛ばしたりしてみようと思っている位なのよ😃✌ピルを飲むと経血量を減らしてくれるし、女性にとっても🎵😍🎵わ💕🎶副次的効果があるらしいし、前向きに生きて行けそうなのよ😃✌

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください